野菜と果物

アンチエイジングには野菜と果物が必須!

アンチエイジングと言えば、【活性酸素】が原因なのをご存知ですよね?活性酸素は、もともとは身体を健康から守るのに必要な働きです。体内に入ってきた、異物を取り除くのに攻撃します、しかし、活性酸素が増えることで細胞や血管を傷つけて体内から老化させます。なら、その活性酸素を減らすことで老化を遅らせることが出来るってことですよね!その活性酸素を減らす役目をするのが、野菜と果物なんですよ♪野菜と果物って言っても沢山ありますよね(笑)

活性酵素の体内への攻撃から守るのはアンチエイジングのみ!アンチエイジングするためには、【ビタミンA】【β-カロテン】【ビタミンE】【ビタミンC】が必要不可欠。ビタミンAは緑黄色野菜に豊富に含まれています。かぼちゃやニンジン、トマトにアスパラガスなど色の濃い野菜が緑黄色野菜です。β-カロテンはニンジンやピーマンに多く含まれています。ビタミンEも緑黄色野菜に豊富に含まれていています。ビタミンCは緑黄色野菜に入っていますが、果物のほうが多く摂取出来ます。代表的なのは、レモンやイチゴグレープフルーツですね。野菜が嫌いな方は多いかもしれませんが、見た目が老けて年齢以上に見られるよりは野菜を食べるほうがいいですよね。アンチエイジング作用だけでなく、肌の調子が良くなるのでハリやツヤも手に入りますよ。特に、紫外線によるダメージが蓄積されやすいので、緑黄色野菜と果物を食べてケアしましょう。

生で食べるのが一番いいのですが、生だと食べづらい方は、スプーやジュースにしてもいいです。ここで気になってくるのが、フルーツのカロリーですよね。フルーツは甘い分カロリーが多くなります。時に果糖が多いので沢山食べすぎると体重に関わってきます。果糖は脂肪になりやすいので、くれぐれも食べ過ぎは注意しましょう。甘いものを食べると、急激に血糖値が上がりますので生のフルーツをご飯を食べた後にゆっくり食べるのがおすすめです。野菜は沢山食べるのが身体の健康にもいいとされています。しかし、沢山の量を食べるのはしんどいので野菜ジュースにするのがいいでしょう。スムージーやジュースにすることで簡単に野菜を摂取できます。

オススメの野菜とフルーツ料理

フルーツは生で食べるのが一番オススメですので、ヨーグルトやサラダにするのがいいでしょう。フルーツを炭酸で割って飲むのも美味しいですよ。野菜はスープに入れることで身体を温めて健康にもいいのでおすすめです。味が苦手な人は、細かく切って、ハンバーグにすると美味しく野菜を摂取出来ますよ。一番沢山摂取しやすいのは、鍋なので身体を温めて、冷え性予防としても鍋をおすすめします。野菜とフルーツを毎日摂取して、アンチエイジングをがんばりましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です